Triti Tran ティリティ・トゥラン

堀越さん さようなら ありがとう
昨日は、市ヶ谷のセルバンテス文化センターで行われた
堀越千秋さんお別れ追悼会に出席。

皆を元気にしてくれる心からの笑顔、あの豪快な笑い声。
本当に沢山の人達に愛されていた堀越さん。

東京にいるときは、必ず舞台も観に来てくれ、
スペインでも日本でも、よく飲みに行ったものです。

飲み友達を離れて、堀越さんと最初で最後のお仕事となった、
2010年「マヒア」公演。
モライート、ディエゴ・カラスコと共演の舞台では、
まさにスペインの光と影を表すような
舞台美術を制作してくださいました。

打ち上げの席で、モライートとディエゴ、私の前で、
お酒を飲みながらサササーッと裏紙に書いてくれた3人の似顔絵。

今でも額に入れて、スタジオに飾っています。

堀越さんの奥様が追悼会のご挨拶でおっしゃった言葉。
「千秋は宇宙人になって行ってしまいました。」と。
本当にそう思います。

堀越さん ありがとうございました。
9A0DCF83-2F8D-43C3-A431-43B4EC63ABF0.jpg
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © スペイン・ アンダルシアの太陽のように. all rights reserved.
まとめ